交換留学

交換留学は、1学期~1年間、授業履修やグループワーク等、協定校が提供する授業・プロジェクト履修による単位取得などが可能な制度です。留学先で取得した単位は、留学終了後、本学にて単位互換を申請することが可能です。

交換留学は、留学先大学の協定区分によって2つ(大学間協定校、部局間協定校)に分けられます。この2つの留学形態や現地での生活に大きな違いはありません。また、交換留学は学部生、大学院生とも可能です。

※部局間の場合

部局間協定校の特徴

  1. 各研究室による研究交流が発端で協定締結に発展 → 工学の各分野に突出した機関が多い
  2. 他学部に比べて工学部が最も協定校の数が多い → 留学先の選択肢が広い
  3. 全学に比べて小規模 → 工学部と協定校が密に連携しながら留学をサポート

モデルプラン

留学経験者が実際にどう留学準備を行ったかの体験記を参考にしてください。

谷藤 優太 さん [材料システム工学専攻]

  • 留学先:スウェーデン・リンショーピン大学(LIU)*部局間協定校
  • 留学期間:2017年8月~2018年1月(M1の8月から翌年1月まで、約半年間の留学)

本郷 那美 さん [機械知能・航空工学科]

  • 留学先:デンマーク・デンマーク工科大学(DTU)*部局間協定校
  • 留学期間:2017年8月~2018年2月(学部3年後期(6セメ)に約半年間の留学)

吉川 太陽 さん [機械知能・航空工学科]

  • 留学先:アメリカ・イリノイ工科大学(IIT)*GE3加盟校
  • 留学期間:2017年8月~2017年12月(学部3年後期(6セメ)に約半年間の留学)

申請について

募集要項に基づいて申請してください。

選考

一次選考(書類)

大学入学以降の学業成績、語学力、留学志望動機、留学計画を総合的に評価します。

二次選考(面接)

留学の動機、異文化適応能力、語学力、人物等を総合的に評価します。

大学間協定校への交換留学

大学間協定校への交換留学は、東北大学グローバルラーニングセンター/留学生課が担当しています。

海外留学トップに戻る