留学生受入In-bound

東北大学工学部・工学研究科で学ぶべき3つの理由Why Tohoku?

  1. 最先端の研究 Research Opportunities 東北大学工学研究科・工学部には、協力講座や関連講座を含め200を超える研究室があり、様々な分野の最先端の研究に触れる機会があります。School of Engineering, Tohoku University (SoE-TU) has more than 200 laboratories including cooperative and related laboratories, and there are plenty of research opportunities. The research opportunity gives you firsthand experience to work on cutting edge research.
  2. 実学尊重の研究&教育 Practical Research & Education 東北大学工学研究科・工学部は、新しい社会的価値を創造するとともに、複雑さを増す世界においてリーダーとして活躍できる人材の育成に力を注いでいます。例えば、KS鋼(本多教授)、八木・宇田アンテナ(八木教授、宇田教授)、垂直磁気記録方式(岩崎教授)、USBフラッシュメモリ(増岡教授)など、本学の最先端の研究と発明は、新しい社会の創造に貢献しています。実学尊重を基礎にした最先端の研究に携わりながら、教育を受けることができます。The SoE-TU is dedicated to creating new social values and to educating students for leaders in complex world. The cutting-edge researches and great inventions in Tohoku University, for instance KS steel (Prof. Honda), Yagi-Uda antenna (Prof. Yagi and Uda), Perpendicular magnetic recording system (Prof. Iwasaki), Flash memory (Prof. Masuoka), etc., contribute to creating new society. You will be able to engage in cutting edge research and to get education in Tohoku University.
  3. 「学都・仙台」&キャンパス環境 Campus & “College Town Sendai” 仙台は、「杜の都」と呼ばれており、市内のメイン通りには美しいケヤキ並木が続いています。都市としての仙台は、17世紀にその歴史が始まりました。一年を通じて様々なイベントや祭りが開催され、四季の風景とともに楽しむことができます。仙台での季節の変遷や伝統文化を通じて、美しい「日本」を感じることができるでしょう。東北大学工学研究科・工学部は、市内の丘の上「青葉山」に位置しています。自然に恵まれた環境の中でのびのびと学問を深め、研究に打ち込むことができます。Sendai is known as the “City of Trees”, and the main avenues are lined with rows of beautiful zelkova trees. The history of Sendai city has begun since the beginning of 17th century, and there are traditional events and festivals throughout the year, allowing you to enjoy each of the four seasons. You will be able to feel “Japan” thorough the seasons and traditional cultures in Sendai. The SoE-TU is located on a nature-rich hill in the city. You will be able to deepen academics and research in the wonderful campus.

研究生Research Student

他の機関で学生の身分を有さない場合、「学部研究生」もしくは「大学院研究生」として研究室に所属し、研究活動を行うことができます。学部研究生は学士の学位を有している場合、大学院研究生は修士の学位を有している場合に出願できます。研究生として在籍する期間は、日本の生活に慣れながら正規課程への入学試験の準備を行うことも可能です。

If you don’t have a student status at any institution and would like to work on research under the supervision of SoE-TU faculties, you can enter as an “Undergraduate Research Student” or a “Graduate Research Student”. Both undergraduate and graduate research students usually prepare for the entrance exams/admission for the degree program as well as getting used to Japanese culture during this period.

出願方法&フロー Application Steps

STEP1
指導教員を探す [参考]東北大学研究者データベース Find a Supervisor 【Reference】Academic Research Staff
STEP2
指導教員に受入れを打診・内諾を得る Email and get consent to join the lab.
メール連絡時添付書類 Attachments
①履歴書 ②志望理由書 ③研究計画書① CV, ② One-page personal statement, ③ Research plan
メール連絡時に明記 State clearly in email
基本情報(氏名、所属、身分、本学で研究/学習したい期間(〇年〇月~〇年〇月)、目的(単位取得、研究指導、実験、etc.)Basic information (Full name, home institution and position/status), period you would like to attend SoE-TU (From when to when),purpose of visit (experiments, preparation of admission to the degree program, etc.)
STEP3
申請書類の準備・提出(指導教員を通して教務に提出)Submit application documents to the administrative office through the supervisor
STEP4
VISA、宿舎等の申請 [参考]国際交流サポート室 VISA, Accommodation, etc. 【Reference】TU Support
STEP5
来学 Travel to Japan and start your program at SoE-TU

※ 希望の教員が必ず受け入れを承諾するとは限りません。 ※ 授業料等の諸費用は、東北大学ウェブサイトを参照ください。

 

※ Supervising by your preferred supervisor is not guaranteed. ※ Fees

交換留学生Exchange Student

東北大学または工学部・工学研究科の学術交流協定校に所属している場合、交換留学生として学ぶことができます。協定による授業料不徴収枠内であれば授業料は発生しません。

Students of TU’s or the SoE’s partner institutions can study/research as an “Exchange Student”.

東北大学交換留学プログラム TU Exchange Programs

東北大学グローバルラーニングセンター主催の交換留学プログラムには、目的や対象によって異なるプログラムがあります。 申請手続きも同センターのウェブサイトにて行ってください。 東北大学グローバルラーニングセンター

Tohoku University Global Learning Center (GLC) offers various exchange programs depending on different targets and purposes. Please contact the international office at your home institution and apply on GLC’s website.

その他の交換留学プログラム Other Exchange Programs

「東北大学交換留学プログラム」を利用せずに、特別聴講学生(学部レベル)もしくは特別研究学生(院レベル)として、研究室にて直接留学生を受け入れることも可能です。 その場合、下記の手順で出願してください。

Not using the “TU Exchange Programs” above, but entering directly to a laboratory of SoE-TU as a “Special Auditing Student(undergraduate level)” or a “Special Research Student(graduate level)” is also welcome. Please apply according to the steps below.

出願方法&フロー Application Steps

STEP1
指導教員を探す [参考]東北大学研究者データベースFind a Supervisor 【Reference】Academic Research Staff
STEP2
指導教員に受入れを打診・内諾を得るEmail and get consent to join the lab.
メール連絡時添付書類 Attachments
①履歴書 ②志望理由書 ③研究計画書 ① CV, ② One-page personal statement, ③ Research plan
メール連絡時に明記 State clearly in email
基本情報(氏名、所属、身分、本学で研究/学習したい期間(〇年〇月~〇年〇月)、目的(単位取得、研究指導、実験、etc.)Basic information (Full name, home institution and position/status), period you would like to attend SoE-TU (From when to when),purpose of visit (experiments, course work and credit transfer, etc.)
STEP3
申請書類の準備・提出(指導教員を通して研究/学習開始日の4ヶ月前までに教務に提出)Submit application documents to the administrative office through the supervisor no later than four-month before your study/research begins at SoE-TU
STEP4
VISA、宿舎等の申請 [参考]国際交流サポート室VISA, Accommodation, etc. 【Reference】TU Support
STEP5
来学 Travel to Japan and start your program at SoE-TU

※ 希望の教員が必ず受け入れを承諾するとは限りません。 ※ Supervising by your preferred supervisor is not guaranteed.

重要ポイント Key Points

全員が研究室に所属Everyone joins in a lab

本学工学部・研究科で受け入れる留学生(非正規生)は、学年や身分にかかわらず全員が研究室に所属し、研修や研究活動を行うことになっています。 できるだけ自分の専門分野に合う指導教員を探すことで、より専門性が高く細やかな指導を受けることができます。All non-degree international students at SoE-TU, regardless of status or year, should belong to a laboratory and join in the lab-work. Finding a supervisor whose field as much matches your area as possible would be an important key to get more technical and detailed supervising.

学年暦 Academic Calendar

本学工学部・工学研究科では、現在2つの学年暦を採用しています。

SoE-TU currently takes two types of academic calendar.

機械・知能系クォーター制 Quarter systemDivision of Mechanical Engineering
[クォーター制のスケジュール] [Quarter Schedule]

 

  • 第1クォーター : 4月~6月初旬
  • 第2クォーター : 6月初旬~8月初旬
  • 夏季休暇 : 8月初旬~9月末
  • 第3クォーター : 10月~12月初旬
  • 第4クォーター : 11月下旬~2月初旬
  • 春期休暇 : 2月初旬~3月末
  • 1st Quarter: Apr. – Early Jun.
  • 2nd Quarter: Early Jun. – Early Aug.
  • Summer Vacation: Early Aug. – End of Sep.
  • 3rd Quarter: Oct. – Early Dec.
  • 4th Quarter: Late Nov. – Early Feb.
  • * New year holidays: Dec. 29th – Jan. 3rd. Spring Vacation: Early Feb. – End of Mar.
他の学科・専攻セメスター制 Semester SystemOther departments
[セメスター制のスケジュール] [Semester Schedule]

 

  • 前期(奇数セメスター): 4月~9月 授業期間 : 4月~8月初旬 夏季休暇 : 8月第初旬~9月末
  • 後期(偶数セメスター): 10月~3月 授業期間 : 10月~2月初旬 春期休暇 : 2月初旬~3月末
  • Spring Semester (1, 3, 5, 7 semester): Apr. – Sep.
  • Lectures & Exams: Apr. – Early Aug.
  • Summer Vacation: Early Aug. – End of Sep.
  • Fall Semester (2, 4, 6, 8 semester): Oct. – Mar.
  • Lectures & Exams: Oct. – Early Feb.
  • Spring Vacation: Early Feb. – End of Mar.

科目履修・単位取得について Course and Credit

英語開講科目一覧及びシラバスについて List and Syllabus of Courses in English

所属大学において単位互換を希望する場合、来日前に本学の英語開講科目を十分に調査する必要があります。 英語開講科目の一覧及びシラバスの取り扱いについては、各部局により異なります。 所属大学において、単位互換のための特別な条件等があり、それを本学HP上で確認できない場合、当室までお問い合わせください。

 

Handling and releasing of lists and syllabi for courses conducted in English depends on the schools/departments. If you have any special requirements for credit transfer at home institutions, and it still is not clear on any of TU websites, please contact us.

開講言語について Medium of Instruction

授業により、英語開講科目として公開されている場合でも、英語と日本語の併用により授業を行う場合があります。 日本語で開講している科目の単位取得は、ネイティブレベルの日本語力が必要です。 日本語は3種類の文字を同時に使用し欧米諸語とは語順や文法が異なる複雑な言語であるため、授業聴講及び単位取得のためには入念かつ長時間の日本語学習経験が必要となりえます。

 

Some courses that appear as English-only may be taught in both Japanese and English. Your Japanese needs to be close to that of a native speaker’s in order to acquire credits for courses that are taught in Japanese. You will need to have a certain amount of experience in learning Japanese to fully participate in class and acquire credits.

英語開講科目一覧 List of Courses in English

主に、以下のプログラム内で英語による授業を開講していますが、本来はプログラム専用の授業であるため、それ以外の学生の履修や単位認定に制限がある場合があります。 履修登録前に担当係によく確認をしてください。

 

We mainly teach classes in English within the programs written below, however, there may be restrictions on accreditation and subject qualification depending on the department you belong to as these classes are originally for the below programs only. Please check in with program staff in charge of your courses in advance.

学部レベルの授業 Undergraduate Level

院レベルの授業 Graduate Level

日本語クラス Japanese Language Classes

特別訪問研修生Short-term Visiting Trainee

特別訪問研修生は、90日間以内のビザなし(※ビザを要する国もあり)で滞在できる期間を利用した、短期研修向けの受入れ身分です。特別訪問研修生の主な目的は「研修」であり、授業の履修はできません。授業料が発生しないため、学術交流協定を締結していない非協定校からの受入れも可能です。開始時期を学年暦に合わせる必要もありませんので、時期は指導教員と相談して決めてください。

Short-term Visiting Trainee is a status for short-term training for visitors who can stay in Japan up to 90 days with no visa (*required for certain countries). The purpose of Shot-term Visiting Trainee is to participate in the “seminar” and does not include “researches” and actual “courses with credits”.

出願方法&フロー Application Steps

STEP1
指導教員を探す [参考]東北大学研究者データベース Finding a Supervisor 【Reference】 Academic Research Staff
STEP2
受入教員に受入れを打診・内諾を得るEmail and get consent to join the lab.
メール連絡時添付書類Attachments
①履歴書 ②志望理由書 ③研修計画書① CV, ② One-page personal statement,③ Internship/Training plan
メール連絡時に明記State clearly in email
本情報(氏名、所属、身分、本学で研究したい期間(〇年〇月~〇年〇月)、目的Basic information (Full name, home institution and position/status),period you would like to attend SoE-TU (From when to when),purpose of visit (experience, internship, training, etc.)
STEP3
申請書類の準備・提出(受入教員を通して教務に提出)Submit application documents to the administrative office through the supervisor no later than two-month before your visit to SoE-TU.
STEP4
VISA、宿舎等の申請 [参考]国際交流サポート室VISA, Accommodation, etc. 【Reference】TU Support
STEP5
来学Travel to Japan and visit SoE-TU

※ 希望の教員が必ず受け入れを承諾するとは限りません。 ※ Supervising by your preferred supervisor is not guaranteed.

外国人留学生への情報Information

渡航前の準備 Pre-arrival

TU Supportは、在留資格取得や保険、住居等の各種サポートや生活情報を、来日前から滞在、帰国まで一元化して提供しています。

Please refer to the TU Support to get information on a wide range of engagements for international students and researchers, from issues with Status of Residence to tips for everyday shopping.

来学時の手続き On Arrival

研究室へ At the Lab

事前に指導教員と面談日時を決めておいてください。また、研究室までのアクセスを確認しておいてください。 たいてい、新入留学生(特別訪問研修生のような短期研修生を除く)には、同じ研究室に所属するチューターが付きます。 研究室でチューターを紹介されない場合、チューターを付けてほしいと願い出るとよいでしょう。 できる限り、指導教員、チューター、留学生の3者で面談し、滞在中の学習/研究活動スケジュールやチューターによる支援内容などを確認し合ってください。

 

Please set the date and time for first meeting with your supervisor in advance. Make sure you know how to get to the laboratory. For incoming international exchange students, you will have a tutor from the same lab (excluding short-term trainees). If your lab has not introduced you a tutor, please ask them. Have a face-to-face talk with your supervisor and tutor to confirm your learning/research schedule and the types of support you wish to receive from your tutor.

教務課へ At the Academic Affairs Offices *Excluding Short-term Visiting Trainee

来日後、教務課にて入学手続きを行います。※特別訪問研修生を除く 学部レベルの留学生は「学部教務係」、大学院レベルの留学生は「大学院教務係」に、パスポート及び必要書類を持参してください。この時、チューターと一緒に行くことをお勧めします。

 

After you arrive in Japan, please come to Undergraduate Academic Affairs Section OR Graduate Academic Affairs Section to enroll. Please bring your passport as well as other required documents. We highly recommend you to take your tutor with you.

区役所へ At the Ward Office *Excluding Short-term Visiting Trainee

3ヶ月以上の滞在の場合、日本入国14日以内に、居住する区の区役所にて住民登録を行う必要があります。 また、住民登録と併せて国民健康保険への加入も行ってください。チューターと一緒に行くことをお勧めします。

If you are planning on staying in Japan for more than three months, you will need to go to the ward office in your ward to get your resident registration within 14 days of arrival. DO NOT forget to register for the National Health Insurance as well. We highly recommend you to take your tutor with you.

その他 Other

銀行口座の開設や携帯電話の契約など、チューターや指導教員と相談し、希望する支援を受けてください。 困ったことがあったら、いつでも工学研究科国際交流室に相談してください。 奨学金、住宅保証などの各種情報は、工学研究科・工学部のウェブサイトをご参照ください。

 

Contact your tutor and supervisors to receive support on creating a bank account, buying a call phone, etc. Please feel free to come to us for anything. Please refer to the School of Engineering Website for information on scholarship, housing warranty, etc.