海外協定校

学術交流協定

工学研究科は、海外機関との交流促進のための学術交流協定、学生交流協定、ダブルディグリープログラム協定等を締結しています。交流協定には以下の3つがあります。

  1. 大学間交流協定
    本学と外国の大学等との間で締結する交流協定をいいます。
  2. 部局間交流協定
    工学研究科と外国の大学等または外国の大学等の特定部局との間で締結する交流協定をいいます。
  3. 協定書覚書
    (1)または(2)に基づき、具体的な学生交流内容の詳細を定めたもの。

部局間協定校一覧

工学研究科は現在、世界102機関と学術交流協定を締結しています。東北大学の大学間協定校は東北大学国際交流課Webサイトを参照ください。

部局間交流協定締結までの流れ

部局間協定

  1. 相手先機関の教員等と協定締結の合意に至ったら、国際交流室に連絡する。
  2. 相手先機関と協定書案を検討する。
  3. 発議教員が協定世話人となり、必要書類を作成する。
  4. 提出書類をもとに、工学研究科国際交流室運営委員会で審議される。承認後、工学研究科合同会議で承認を受ける。
  5. 研究科合同会議で承認された後、工学研究科長および相手先機関両方で署名を行い締結完了。
  6. 工学研究科教務課から本部国際企画課に締結完了について報告する。

学術交流協定の締結や更新に関してご不明な点がございましたら、国際交流室までご連絡ください。

工学研究科国際交流功績賞

東北大学工学研究科では、両校の学術・文化交流へ特に貢献いただいた海外大学の団体・個人に対し、工学研究科教員の推薦により国際交流功績賞を授与しています。

国際交流功績賞受賞者一覧