特別訪問研修生

特別訪問研修生は、90日間以内のビザなし(※ビザを要する国もあり)で滞在できる期間を利用した、短期研修向けの受入れ身分です。特別訪問研修生の主な目的は「研修」であり、授業の履修はできません。授業料が発生しないため、学術交流協定を締結していない非協定校からの受入れも可能です。開始時期を学年暦に合わせる必要もありませんので、時期は指導教員と相談して決めてください。

出願方法&フロー

STEP1
指導教員を探す
[参考]東北大学研究者データベース
STEP2
受入教員に受入れを打診・内諾を得る
メール連絡時添付書類
①履歴書 ②志望理由書 ③研修計画書
メール連絡時に明記
本情報(氏名、所属、身分、本学で研究したい期間(〇年〇月~〇年〇月)、目的
STEP3
申請書類の準備・提出(受入教員を通して教務に提出)
STEP4
VISA、宿舎等の申請
[参考]国際交流サポート室
STEP5
来学

※ 希望の教員が必ず受け入れを承諾するとは限りません。

留学生受入トップに戻る